Skip to content

交通事故で弁護士が慰謝料を増額できるわけ

交通事故の被害者になると、慰謝料をもらうことができるのですが、実はこれにはいくつかの基準額というものが存在しています。つまり、その基準額が高くなればなるほど、その方法での慰謝料請求をする価値があるということです。日本では、主に自賠責基準と任意保険基準、その上にさらに弁護士基準という三つの基準があります。一番高いのは弁護士基準ですから、交通事故に遭ったときには弁護士さんに慰謝料の増額を依頼すると少しでも被害を回復することができるわけです。

保険会社だけに任せておけば、自賠責基準か任意保険基準で処理されてしまうので、本来得られたであろうお金を得られなくなってしまいます。これは被害が大きくなればなるほど無視できない差となって現れるので、後遺障害が残ったとき、入院や通院に日数がかかりそうなときには弁護士事務所に相談しましょう。できれば交通事故の処理に強い、経験豊富なスペシャリストの人にお願いをするのが理想的です。最も安い慰謝料額の二倍から三倍程度はもらうことができるとされているので、弁護士費用もそう負担にはならないでしょう。

増額分でもしっかりまかなうことができますから、単純に得になります。しかも専門家に頼むと、自分では何もすることがなくなるので気楽です。計算も手続きもすべて専門家のほうで勝手にしてくれるので、交通事故のことは忘れて生活をしていても大丈夫です。病院に通院しなければならないときには、本当に助かります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です