Skip to content

示談金が少ない!交通事故のトラブルを弁護士が解決

車やバイクに乗っている人はたくさんいますので、交通事故に巻き込まれる可能性を考慮しつつ、安全運転を心掛ける必要があります。歩行者や自転車なども例外ではなく、歩道や車道を通行する時に、常に周囲を警戒しておくと思わぬ事故を回避する確率が上がります。ですが、どんなに注意をしていても、相手の不注意で事故に巻き込まれてしまうことはあります。運悪く、大怪我を負ってしまえば、今後の生活に支障をきたすこともあるでしょう。

交通事故に巻き込まれて怪我をすると、保険会社が交渉をしてきます。この時に示談金を提示されますが、思ったよりも低い金額であったなら、迷わず弁護士に相談してください。保険会社に対して、こちらの要求をきちんと説明してくれます。弁護士に依頼をするメリットとして、保険会社が反論できないような証拠を用意してくれることがあります。

保険会社側の事故の内容や相手に及ぼした損害などからはじき出された示談金が、正確に行われていない可能性を考え、弁護士の方で計算を行います。その根拠をもって示談金の増額を要求することができるという、法律のプロならではの解決方法を探ってくれます。相手の過失による交通事故で受けた怪我が、後遺症が残るほどであったなら、できるだけ多くの慰謝料を請求するべきです。問題が面倒になるからと保険会社の言いなりになってしまったら、泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

ぜひ弁護士に相談をして、有利な解決方法を実行してもらいましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です