Skip to content

交通事故専門の弁護士に依頼するメリット

弁護士であれば、交通事故に対する不満も解決できるというのは決して間違いではありません。しかし弁護士にも専門分野というものがあり、そのノウハウを生かすことで依頼主の利益を守ることに繋がりますので、交通事故に対する不満は必ず専門の弁護士に依頼するようにしてください。専門外の弁護士に相談すると、治療中の相談はできない、後遺障害等級を受けてから来てほしいという法律事務所がありますが、交通事故の適切な対応というのは、治療中に行うことが重要です。だからこそ交通事故の専門家に依頼することが重要になります。

賠償金の額に変化を与える指標になるのは、後遺障害等級や過失割合になります。後遺障害認定は、医師の診察書によって認定されることになりますので、この診断書が賠償金額に影響を与え、正当な等級に認定されなければ当然賠償金は低くなるでしょう。だからこそ専門家が診断書作成の段階で介入することで、被害者が受けた適正な等級になり、結果賠償金が正当な額になります。またたとえ被害者であっても、過失が与えられることがあり、その割合を示したものが過失割合となり、正当な賠償金を貰えなくなる可能性があります。

当事者が正しい過失割合を認定されていないことも多く、その影響で貰える額が変わりますので、過失割合の見直しも非常に重要な項目になります。被害者になり少しでも不満を感じたのであれば、交通事故専門の弁護士に相談をして不満を解決するようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です