広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2020年12月18日

交通事故の慰謝料の種類を把握する

交通事故によって発生する被害者が請求できる慰謝料には二つの種類があります。入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の二つです。二つの中でも、後遺障害慰謝料は、その人の後遺症が障害として認められた場合に支払われるものです。一律には断言できませんが後遺障害慰謝料は、それほど問題になる項目ではありません。

ごくまれに、この問題でお互いの意見がぶつかり合い論争となる場合もありますが一般的にはスムースに交通事故のお金が支払われています。近年は基準が厳しくなっていることもありますが等級14級で認定が厳しくなっていることもあるため、認定の相談はきちんとしておくことが大事です。入通院料の方も考えなくてはいけない課題があります。被害者の法律的な知識が少ないことから保険会社に良くない感情を抱く交通事故被害者の方が多くそのことによって交通事故の示談を大きく誇大化させている傾向もあります。

さらに良くないのは、知識がない状況で保険会社に対して悪いイメージを持ってしまい知り合いやネットの掲示板などで噂がされている真偽が定かではない情報を鵜呑みにして、保険会社との示談を進めてしまうことです。こうした行為は、示談の円満な解決の時期を滞らせてしまうだけではなく、交通事故に関するあらゆる賠償金を小さくしてしまう結果を導いてしまうことに注意をしなくてはいけません。正しい知識と示談方法を知っていれば必ず多くの金額を相手に請求することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です