Skip to content

交通事故トラブルも弁護士さんがいれば安心

運悪く交通事故に遭ってしまったら、まずは警察に電話をして、保険会社の担当者に連絡を入れて、その後にかかりつけの弁護士さんにも来てもらうのがいいでしょう。間違っても、そうした専門家たちに任せずに、自分で相手の人と話をしてはいけません。専門家が来るまでに言ったことがトラブルの元になるケースもよくある話ですから、とにかくそういった人たちが現場にやってきてくれるまで待ちましょう。交通事故の場合には警察の人が適切に事故処理をしてくれますし、相手との示談や医療費については保険会社の担当者が責任を持って進めてくれます。

交通事故に遭った本人は本当に何もする必要がないのです。相手が何の文句も言わない人であるなら、そのまま案件は無事に流れていきますが、もしも裁判を起こすと言うのであれば、そのときには保険会社の人よりも弁護士の先生が頼りになります。弁護士さんは本人の代理人として、適切に裁判を進めていってくれるので、これまた本人は何もしなくてもいいのです。普通に家にいて、日常生活を送っていればいいだけなので、裁判といってもほとんど仕事の邪魔にはなりません。

たまに本人が出廷しなくてはならない場面もありますが、それは本人が実況見分に行かなくてはいけないのとほとんど同じです。交通事故専門の弁護士さんも各地に存在していて、そういう人たちは慰謝料のことや示談のことについてノウハウを持ち合わせています。自分が被害者のときは損害賠償額を引き上げてくれるのでお得です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です