Skip to content

交通事故のトラブルを弁護士に解決してもらうには

交通事故を起こすと、過失割合というものが出ます。明らかに過失が10対0である追突事故や交通弱者に対して傷害及び死亡をさせた場合などは過失割合の問題が生じず、万が一、加害者が任意保険に加入していないような場合や被害者への補償を怠るような場合、被害者側が弁護士を付けることがあります。また、過失割合に不満があり、その割合を減少させるというようなケースで弁護士に依頼するなど様々なケースがあるでしょう。相手が交通弱者であっても、本来走行や歩行が禁じられている場所を走行または歩行していたことで、やむを得ず事故を引き起こした場合などに依頼し、過失が減少したというケースがあります。

依頼を受けた弁護士は、依頼人から事故状況を聞き込み、衝突部位の写真や事故証明書内容の確認、現場の見通し、相手側保険会社などの主張をもとに総合的な判断を行い、事故を引き起こした原因究明やそれに伴う過失の減少に最善を尽くします。法律家である弁護士は、交通事故などの際に自身の知識と経験で、過失割合の低さなどを立証し、裁判などにおいても勝訴に向けて力を発揮するでしょう。このことにより長期化する交通事故の補償問題を速やかに解決へと導き、1日も早い加害者の復帰へと進めるでしょう。とくに目撃情報がない、見通しの悪い場所で交通事故を起こした場合、条件が悪い立場であれば、過失割合が高くなるような警察の検証や相手側の保険会社の主張となるため、弁護士に依頼することが良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です