広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2021年2月6日

生前贈与は相続対策になります

相続対策にはいくつかの方法があります。その一つは、生前贈与という方法です。これは財産を持ってる人が生きているうちに、相続人に対して財産を分与するという方法です。贈与税の税率をうまく利用するならば、生前贈与で相続税を少なくすることができ相続対策になります。

贈与税の基礎控除は110万円になります。これはどういうことかというと、110万円までは課税されないということです。ですから、毎年110万円ずつを相続人に渡してゆくなら、税金対策になります。しかしながら、相続財産に対して110万円という金額はあまりに少ないかもしれません。

もしかすると、それほど財産を移さないうちに死亡し、多くの相続税がかかってしまうということも考えられます。そこで着目することができるのは贈与税の課税最低税率が10%であるということです。最低税率の範囲内で財産を移した方が、多少の課税はされるものの、総合的に見ると課税される金額が少ないということもあります。どちらの方が現実的かという視点で考えてみることができます。

また、配偶者に対する贈与は大幅に控除されますので、それを利用して生前贈与を行なうこともできます。もし、病気によって死期が近いという場合には、この方法で相続対策をするのが賢明といえるかもしれません。夫婦間の場合2100万円まで課税されません。ただしこれは、婚姻期間が20年以上の夫婦にだけ当てはまります。

しかも、1回限りしか行うことができません。ですので、状況を十分に考慮した上で行うかどうかを決めることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です