広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2021年2月15日

相続対策をとっておく

相続といっても、親がまだ元気なうちはぴんと来ないものですが、突然、親が亡くなったという場合に、にわかに現実の問題になることがあります。それが遺産相続の問題です。うちの親にはなんの財産もないから問題ないといっている人がいますが、財産はプラスの財産もあればマイナスの財産もあります。とくに注意が必要なものはマイナスの財産のときです。

財産を放棄する必要があります。原則として、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に相続放棄の申し立てをしなければならないからです。ですからどの程度の財産があるのかというのは、おおよそ把握しておいたほうがいいのです。プラスの財産のときは、兄弟姉妹でもめることがあります。

とくに資産家に家では、法定相続人がたくさんいたり、家族構成が複雑なときは揉めてしまうことがあります。不倫していて認知していた子供がいたとか、内縁の妻とかいろいろまるでドラマのように喧嘩になってしまうことがあります。いままではうまくいっていた兄弟ですら、それが原因で縁を切るということもあります。ですから資産家の人は、前もって相続対策をしたほうがいいのです。

たとえば、遺言状を書いておくとか、そのほかの相続対策として、弁護士や司法書士に相談しておくことが必要です。相続対策は素人だけでは無理ですから、事前に準備が必要です。あとから、兄弟がもめないように配慮するのも財産を持つ人の務めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です