広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2021年2月21日

相続の弁護士費用の相場はいくらなのか

相続の弁護士費用は、一連の手続きのどの部分を依頼するのかによって異なります。例えば、弁護士に相続についての法律相談をする場合は、30分で5千円くらいが相場です。また、遺産分割協議の実施に先立って弁護士に相続人の調査を依頼した場合は、調査だけであれば3万円程度、調査後に関係図も作成してもらうのであれば5万円程度が相場となっています。財産調査も含めて、遺産分割協議の実施前の準備の一切を依頼すると、10万円前後の費用がかかってしまいます。

また、遺産分割協議や遺産分割調停の紛争解決を依頼する場合の費用は、依頼者が遺産総額の中から分割を求めている金額を基準に料金が決められることが多いです。例えば、夫、妻、長男、長女の4人家族で、亡くなった夫の遺産分割協議を長女が何度も求めたのに、妻と長男が応じなかったため、長女が亡くなった夫の遺産を法定分だけ分けるよう請求したいと考えているとします。このとき、夫の遺産が2千万円だった場合は、長女が法律に基づいて取得できるのは4分の1の500万円となるため、着手金は5パーセントに相当する金額に9万円を加えた34万円、報酬金は10パーセントに相当する金額に18万円を加えた68万円が料金になります。相続の弁護士費用は、依頼の内容や、依頼者が請求する金額によって変動しますが、基本的にはまとまった金額を支払うことになります。

弁護士に相続に関する依頼をするときは、料金は勿論、依頼時に付随するサービスなどの内容をよく見て依頼場所を決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です