広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2021年3月12日

事業資金の相続に関する問題を専門的に扱う弁護士

遺産を相続するケースでは、多種多様な要因が問題になります。その中でも、事業者などの資産を相続するケースでは、特定の人物に遺産を受け継いでもらう事を希望する場合が多く、それ以外の方が相続の権利をめぐり、問題となる事が多くあるのです。また、事業を運営している場合には、一定の不動産などの資産を所有している事も多いことから、この遺産の分割方法に関しても問題となる事があります。この状況で遺産をめぐる問題が発生するので、法的な手段を用いて弁護士の方に適切に分配してもらう方法を指導してもらう必要があるのです。

遺産の問題を回避するためには、事業者の方の場合は事前に適切な対応をとっておく事が必要になります。この対策がスムーズに事業者の資産を承継させるためのポイントとなるのです。遺産を譲る際には、遺言書の作成などが効果的な手段となりますが、これは弁護士の方の協力を得て、法的に適切な遺言書を作成する必要があるのです。また、事業の継続に必要な不動産や、事業継続のための設備資金などは、特定の人物に譲り渡すことを提示しておく事も必要になるために、法的な問題が発生しないように、弁護士の方からのサポートを得ながら、この問題を未然に防ぐ手段を講じておく必要があります。

そして、遺産に関する問題を回避するために、他の相続人には生前贈与などの手法を用いて、一定の資産を分与しておく事もポイントで、遺産の遺留分を放棄してもらえるように、事前に法的な手続を完了させておく事も必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です