広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2021年4月12日

多重債務者は弁護士に法律相談すれば問題の解決が可能

多額の借金を抱えてどうにもならないときには、弁護士に債務整理の依頼ができます。債務整理について弁護士に依頼するときには、個別的に面談をして行うことが原則となります。多重債務の状態に陥っているときには、弁護士に対して債務者の個別情報を説明することによって、どの債務整理を行うのか借金の処理の方針を決定する必要があります。弁護士に法律相談をする前に用意しておくものとして、借金の内容や債務者の収入や資産、生活状況などが把握できる情報や、借金に関する明細書などがあります。

弁護士に債務者自身の状況においてしっかりと把握してもらうことによって、解決策における見通しや方針を決めてもらうことが可能になります。法律相談を受けるときには、相談者が遠方地に住んでいる場合であっても直接的に面談を行って話し合いをすることが望ましく、直接面談をすることで弁護士の人柄や相談のしやすさなどを感じることができます。債務整理を弁護士に依頼をするときには、用いる手続きについてかかってくる費用も異なってきます。債務整理を希望している債務者の場合には、金銭的なトラブルを抱えているわけですので、費用における不安を持っている人も多いと言えます。

事前の話し合いでしっかりとどの程度の費用が発生するのかについても、説明を受けておくことで安心して弁護士に法律相談しやすくなります。債務整理をすることで借金問題を解決できるメリットがあるわけですが、手続きごとにおけるデメリットもありますので事前に説明を受けてから、どの手続きを行うか決める必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です