広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2021年4月24日

仕事に関する法律相談と誰に頼るか

仕事を進める上で他社と契約を結ぶこと、同じ会社内の人と仕事をすること、また会社に行き来するまでの公共交通機関等で日々法律と隣り合わせの生活を働いている人なら過ごしています。仕事の場合においては契約書に書かれていること以外のことを他社に押し付けてしまった、同じ会社内の人に仕事中に暴力を振るってしまった、会社に行き来するまでの公共交通機関内で痴漢と間違われて警察に連行されてしまったなどのトラブルに遭遇した場合に法律が発令されます。誰に相談するかですが、この場合は家族に頼ることが第一となります。警察に連行された場合は場合によっては自宅に当分帰れなくなってしまうなどの事象が起こりうるからであります。

そして、次に頼るべき人物は法律事務所を開いている弁護士になります。起こった事象を説明して無実を証明すること、または自分に降り掛かる罪を少しでも軽減してもらえる可能性があるからです。そして、次に頼るべき人物は会社や周りにいる友達になります。裁判などで有利に働きかけてもらえる可能性があるからです。

このように仕事を進める上で法律相談をしなければならなくなった場合は頼るべき人物の順序は明確にしておく必要があり、適切な手順を踏む必要があります。そして、法律相談をしなければならない状況を二度と作らないように心掛けるべきです。これらの手順を踏むのは時間がかかること、そして自分の周りにいる人物に迷惑をかけるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です