広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2021年5月6日

交通事故の被害を回復する慰謝料

マイカーを運転するためには、運転免許証が必ず必要です。運転免許証を取得するためには、厳格な筆記試験と実地試験があります。マイカーとは便利な道具ですが、同時に試験が必須な程、危険な乗り物なのです。事実、交通事故の問題は決して無くなりません。

ドライバーの不注意による交通事故、乱暴運転による交通トラブルは各地で頻発し続けています。自分がいくら安全運転を続けていても、現実的には交通事故に巻き込まれるリスクがあります。お互いがわき見運転をしていたならば、過失の割合も半分となり、慰謝料や示談金を貰える割合が減ります。しかし一方的に乱暴運転のマイカーに追突された場合などは、慰謝料をきっちり受け取れる可能性が大です。

五分五分の交通事故とは違い、過失の割合が十対〇だったならばマイカー修理に充てられるお金、通院に必要な交通費、治療に必要な医療費等が相手に正しく請求可能です。事故相手への慰謝料請求は、強引なテクニックではなく、被害者が行う一般的な被害回復のアプローチです。多くの場合、事故を起こした相手が加入している保険会社が、実際のお金を支払う事になりますので、相手ドライバーの経済力に関係なく、慰謝料は正しく受け取れるでしょう。慰謝料を請求する際は必ず自分以外の詳しい人物と相談したいところです。

自分一人ではミスや思い違いが出るかもしれません。理想を言えば交通事故の解決に詳しい法律家の支援を受けたいところ、今ではリーズナブルな料金で請け負う事務所もありますので、相談する価値は確実にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です