広島の弁護士で相続相談が可能なところ
2021年5月24日

交通事故の慰謝料について

交通事故とは、車両などによる道路でおこる自動車や自転車、歩行者の間に発生した事故とのことをいいます。起こった場合には、運転を停止し、負傷者を救護をして二次事故の発生を予防する措置をした後、警察に発生日時に死傷者や物の損壊状況や事故後の措置、積載物を報告して警察官が来るのを待つ必要があります。これは事故を起こした人の義務であり、民事上の責任を果たすためには相手の身元確認と任意保険会社へ連絡する必要があります。怪我人が出たり死亡事故となってしまう場合もあり、その時に加害者が支払わなくてはならないのが「慰謝料」となります。

慰謝料とは交通事故で負ったときに負う、肉体的や精神的に負った苦痛に当てられる金銭のことになります。一般的には、個々の事故の被害にあわせて計算されて行くものとなります。後遺症が後遺傷害として認定された場合に払われるものと、入院や通院によって支払われる慰謝料があります。入院や通院を計算するためには、自賠責基準による計算、任意保険基準による計算、弁護士基準による計算などが行われます。

これらの計算に基づいた金額を請求する場合には、弁護士に依頼するか、無料で利用することのできる「交通事故紛争処理センター」などを上手に活用することをお勧めします。納得の行く慰謝料を受け取り怪我の治療は適性期間継続してしっかり通院して怪我を治すことで後遺症などに悩まされる人生を防ぐことができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です