スポーツサポーターでケガ予防や痛みの軽減

スポーツサポーターは、激しいスポーツをするときに関節を保護したり固定することで筋肉の動きを助けて、負担を軽減させるのでケガ予防にもなります。

スポーツサポーターはかなり有益な情報が揃っています。

主な目的は痛みの軽減ですが、サポーターと付けると可動域が制限されるので関節への負担が減らせます。

スポーツサポーターは主にケガ予防などが目的ですが、保湿目的で使うこともあり膝を温めて血液の流れを良くして関節痛などの緩和も期待出来ます。
根本的に解決するわけではないですが、冷えから起きる痛みの軽減や予防策としても活用出来ます。

膝向けのスポーツサポーターだと、膝への不安を減らして安心感を得ることであり、安心感が出ることで気分も高まってケガのリハビリにも良い影響が出てきます。



サポーターには色々な種類がありますが、スポーツサポーターは、バスケやランニングなど膝関節を固定して、左右や前後にぶれるのを軽減させるスプリング入りタイプがあります。



スポーツの種類により最適なものは違うため、不安なら専門機関に相談したほうがいいです。

また、長時間立ち仕事が多い人だとベルトタイプのサポーターが良く、好きな圧迫力へ調整が可能で装着も簡単なので普段使いに向いてます。

歩く時に膝のぐらつきが不安な高齢者だと、フルカバータイプが向いていて筋力低下を補う程度なので低圧迫力でも十分です。
つま先から足を入れて膝にかぶせるだけなので簡単で、高齢者でも手軽に使えます。

半月板損傷時だと、膝関節の補正力を高めるスプリング入りが最適でケガの状況を見ながら締め付け具合が強いものや弱いもの、スプリングがあるものなどサポート力を段階的に弱めていきます。