スポーツサポーターの主な特徴と効果

サポーターにはいくつかの種類がありますが、スポーツを普段から行う人向けなのがスポーツサポーターです。


これには、それぞれの部位や適したスポーツ向けに多数発売されているので状況や用途にあわせて選べます。


スポーツサポーターの中にはランニング用もあって、主な効果は膝関節症の安定性をもたらしてくれテーピングより簡単に使えます。

スポーツサポーター情報を集めました。

トップアスリートだと安定させるためにアスレチックトレーナーなどに依頼してテーピングをしたりしますが、同じような効果で一般の人が手軽に使えるのがサポーターです。膝用のスポーツサポーターだと、既に膝の痛みがある人に効果的で関節の動きをある程度制限出来るのでランニングなど痛みを軽くしてくれます。

一番の目的は膝関節症の安定性を高めることで、既に痛みがあると靭帯などが伸びていたり安定性が悪いことが原因のこともあります。



膝用は横ブレを防止する役割もあり、靭帯が伸びていると関節同士の密着度が低くなり横へぶれたりします。

サポーターを使い動きを制限することで、横ブレを防いで大けがを防いでくれますし、横へぶれると内側・外側の靭帯が断裂する恐れもあります。

膝の靭帯を損傷しているとサポーターは膝を保護と補強する目的でも使えて、サッカーやバスケ、ハンドボールなど切替し動作がある競技で靭帯を損傷し手術などをする人も多いです。
ただ、それでも運動が好きでランニングが好きな人もいますから、そんな時に膝向けのサポーターは保護と補強をしてくれます。